2025年度海外派遣 日本語専門家公募

求人概要

2025年度海外派遣 日本語専門家公募

教師(その他)掲載期間:2024/07/10~2024/08/09

  • 北米
  • 南米
  • その他アジア
  • オセアニア
  • ヨーロッパ
  • 中東
  • アフリカ
  • 赴任費用負担

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)(以下、「JF」という)は、世界の全地域において国際文化交流事業を総合的に実施する、外務省所管の特殊法人として1972年(昭和47年)10月に設立されました。2003年(平成15年)10月に独立行政法人となりましたが、特殊法人としての設立当初から、海外における日本語教育を主要活動分野のひとつとしています。
海外における日本語教育分野は、各国・地域の教育環境や言語政策、日本との外交関係等を踏まえ、日本と諸外国の双方向のコミュニケーションを円滑にし、対日理解・相互理解の増進の基礎とすることを目的としています。海外の日本語教育に関する調査の実施、日本語教材・教授法の開発、日本語能力試験実施等の日本語教育・学習の基盤・環境整備を行うとともに、日本語専門家派遣による現地教師の育成・ネットワーク構築やモデル日本語講座の運営、現地日本語教育機関の日本語関連事業への支援、日本語教師・日本語学習者の訪日研修等を実施しています。
なかでも日本語専門家派遣事業は、それぞれの派遣先国・地域において日本語学習者・学習希望者が学習を安定的に開始・継続していくようにすること、必要な日本語教育が中長期的に自立・継続して行われていくことを目的としています。そのため、国または地域の中核的な役割を担う日本語教育機関に日本語教育の専門家を派遣することで、現地日本語教師の育成、教材・カリキュラム・教授法に関するコンサルティング、日本語教師間のネットワーク作り、派遣先機関・国における安定的な日本語教育の実施や質的改善に必要な支援を行っています。

ホームページ:https://www.jpf.go.jp/

2025年度海外派遣 日本語専門家公募

募集内容

学校名 独立行政法人国際交流基金(JF)
募集職種 教師(その他)
雇用形態 業務委託
仕事内容 派遣先の日本語教育機関の日本語講座の授業を担当するほか、現地の日本語教師への助言・指導、カリキュラム編成や教材作成などについて支援を行う。また、派遣先国あるいは周辺国、地域の日本語教師を対象とした研修会の実施、教師間のネットワーク形成、日本語教授法や日本語教材作成に関する助言・指導などを行う。
給与 月給 300,000円 ~ 400,000円

上記年俸は目安です。詳細は以下からご確認ください。
https://www.jpf.go.jp/j/about/recruit/japanese_expert.html#ns

応募資格 下記(1)~(5)をすべて満たす者。
(1)日本国籍を有し、日本語を母語とする者。
(2)心身ともに、任期を通じて、海外での業務遂行に支障がない状態であること。
(3)日本語教育及び周辺領域において修士号以上の学位を有する者(もしくは2025年3月末までに取得可能な者)。
(4)中等・高等教育機関、日本語学校などの日本語講師(非常勤を含む、以下同じ)として応募時点で通算2年以上勤務した経験があること。なお、2年の経験年数に教育実習、ティーチングアシスタントの経験は含まないが、JFの海外派遣事業のうち日本語指導助手、EPA日本語講師、米国若手日本語教員(J-LEAP)としての派遣経験は、その対象とする。また、海外勤務経験が望ましい。
(5)2025年2月中旬~3月上旬頃(予定)にオンラインで実施予定の派遣前研修に参加できること。
(参考)前年度の実績
2024年2月19日から3月6日の期間のうち、隔週2~3日、午後の時間帯(日本時間)をメインにオンラインで実施
※今年度の派遣前研修の実施期間と形態については、このとおりとは限らない。
勤務時間 各派遣先により異なります。
待遇及び福利厚生 旅費、報酬など(基本報酬、在勤加算、家族加算、子女教育経費、住居経費など)を支給する。共済制度あり。
勤務地 アジア、大洋州、米州、欧州、中東・アフリカ地域(予定)
地図を表示 地図を表示

学校情報

紹介動画

https://youtu.be/OA3e-t2Kijs?si=6ksbVtDQwa-Sti4L

応募情報

関連条件

この求人を見ている人は、以下の求人も見ています